So-net無料ブログ作成
検索選択

除毛クリームを使うには? [脱毛クリームとは?]


 除毛クリームは、アルカリ性の薬品が含有されています。アルカリの溶剤によって蛋白質でできている毛を溶かすことによって、肌の表面から毛を取り除いてしまいます。なので、除毛クリームを使った後は、肌に残っているクリームをきれいに拭き取ったり、洗い流したりしてやらなければなりません。
除毛クリームを使えば、すぐにムダ毛のないツルツルの肌になりますが、しばらくすればまた生えてきます。



 脱毛クリームや除毛クリームを使わずに、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしている方がたくさんいます。このような方法でムダ毛を処理していると、どうしても肌を傷めることになってしまいます。特に、カミソリを使ってムダ毛の処理をする時に、皮脂までとってしまうことになるようです。せっかく皮脂で守られている部分が無防備になってしまうので、ムダ毛処理した後の葉だのケアが大切ですね。


その点、除毛クリームを使った方が肌への負担は少ないのではないでしょうか。ムダ毛処理にかかる時間も少ないし、簡単ですからね。できるだけ肌に負担をかけないようなムダ毛の処理を考えてくださいね。



 ただ、除毛クリームの方が絶対に良いというわけでもありません。薬品を肌につけるのですから、やはり肌との相性があります。相性の悪い物を使うと、それだけで肌の弱い人は、使用後にかゆみを覚えたり、赤くかぶれてしまうことになるかもしれません。そこで、除毛クリームを使う前にやってほしいことがあります。パッチテストです。アレルギーがあるかないか判定する時にやるようなパッチテストです。サンプルをもらって、肌の一部分に少しだけ塗ってみれば、それだけで相性の良し悪しが判断できると思います。



除毛クリームはアルカリ性なので、臭いがダメという方も少なくありません。サンプルの臭いを嗅いでみれば、すぐわかります。身体が受け付けないものは使わないようにした方がいいですね。




nice!(0) 

脱毛と除毛の違いは? [脱毛クリームとは?]


 脱毛と除毛の違いについて考えたことがありますか?

脱毛も除毛もけが抜けることだから同じことだと考えている方がほとんどだと思います。
しかし、市販されているクリームは、「脱毛クリーム」として売られているものと「除毛クリーム」として売られているものとがあります。単なる呼び方の違いではないようです。そこには、ハッキリとした違いがあるようです。



 言葉のお遊びをしてみましょう。「脱毛」という言葉は毛を抜くという意味です。だから、毛抜きで抜くのもエステなどへ行って光やレーザーで毛乳頭を破壊してしまうのも「脱毛」という言葉を使います。毛を根元から抜き去ってしまうことを「脱毛」と考えるのが正しいようです。なので、ワックスのように、毛を根元から一気に抜き去ってしまうようなものは、「脱毛」と言えるようです。



 それでは、「除毛」とはどういう状態を言うのでしょうか?
「脱毛」という言葉から考えると、毛を根元から抜き去るのではなく、皮膚の表面にある部分だけを取り去るのが「除毛」だと考えられます。市販されている除毛クリームは、ムダ毛を構成しているたんぱく質をアルカリ性の溶剤で溶かして無理やり引きちぎってしまいます。毛は根元から抜き去っていないので、皮膚の表面に達する部分は健在ですから、またすぐに毛が伸び始めます。なので、「除毛クリーム」の効果は本の一時的なものでしかありません。



 それに比べると、「脱毛クリーム」は、毛を根元から抜き去ってくれるので、毛が再生するまでに時間がかかります。だから、「除毛クリーム」よりも効果は長いと考えられます。



 クリームを使ってムダ毛の処理をする場合には、「脱毛クリーム」なのか「除毛クリーム」なのかをよく調べて買うようにしてくださいね。





nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。